テクノラティプロフィール
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEOでやったこと その4 「All in One SEO Pack」

お次は、WordPressでの定番プラグイン、「All in One SEO Pack」の導入です。


以前ほどではないにせよ、SEO対策にはmeta keywords や description を
ページに応じた形で記述することが大切といわれています。

WordPressの標準機能ではこのあたりが弱く、なかなか操作しづらいのですが、
このプラグインを入れればかなりの精度で改善されます。


(参考)WordpressのSEO総合プラグイン「All in One SEO Pack」 DesignDevelop

■STEP-1:「All in One SEO Pack」をダウンロード


SEO for your Wordpress Blog からダウンロード



■STEP-2:プラグインフォルダへぶち込む


zipファイルを解凍し、まるごと「 wp-content/plugins/」へ放り込む



■STEP-3:管理画面からプラグインを有効化


いつものように。


■STEP-4:設定


管理画面の 設定>All in One SEO から、お好みの環境へ設定。


基本的には、デフォルトの設定で問題ないと思いますが、タイトルの
設定は、「ブログ名 | タイトル」から、「タイトル | ブログ名」のほうが
SEO的には良いようです。
(僕の場合は、「記事タイトル | まとめ買い通販.com」みたいな
感じですね。



僕はもう少し時間のあるときに、個別記事のmetaをチェックしてみよう
かと思っています。

テーマ : もしもドロップシッピング
ジャンル : ビジネス

tag : WordPress SEO プラグイン カスタマイズ All in One Pack

SEOでやったこと その3 (タグ、カテゴリ、関連記事など)

これまでの、「まとめ買い通販.com」のSEO対策はどちらかというとWordPress
そのものとはあまり関係なかったですが、今回ご紹介するのはWordPress自体の
設定関連にかかわるSEO対策です。


例によって、参考にさせていただいたのはココ↓
Wordpressをインストールしたらやるべきことのまとめ(設定・SEO) 森の夢


タグ機能の実装

SEO的には内部リンクと外部リンクを増やすことが重要ですが、内部リンクを
増やすことに関して言うと、タグはもっとも有効だと思います。

もちろん、SEO的にも大切ですが、EC(ドロップシッピング)サイト運営者としては、
サイト内での回遊率を高めることで、サイト内滞在時間を伸ばす効果も期待できます。


で、えっと、最近のWordPressにはデフォルトでタグ機能が実装されているん
だったかしらん?
プラグインで装備したのか、既に記憶が飛んでいるのですが...

Simple Tags

がオススメ。


全体のタグの管理、投稿へのタグの一括編集機能、投稿内容と照らし合わせての
自動タグ付け機能などがあります。

っていうか、このあとにご紹介する関連記事機能にもタグが非常に有効になって
きますので、必須とも言ってもいいでしょう。



▽カテゴリの準備

単なるブログならなおのこと、EC(ドロップシッピング)サイト運営者なら、扱い商品の
カテゴリはあらかじめ準備しておくほうが良いでしょう。

カテゴリが用意できたら早めにサイトに表示しておくほうが、インデックス数の増加には
良いと思います。


で、WordPressでのカテゴリの管理機能を拡張してくれるプラグインが、

Category Order

です。

※こちらを参考にさせていただきました。

カテゴリの順番を変更できるWordPressのプラグインCategory Order コリス


通常ですと、WordPressのカテゴリはID順か名前順なんですが、
このプラグインがあれば任意の並び順にでき、階層構造も
指定できます。


なお、WordPressのデフォルトだと、カテゴリページのURLは静的URLに
なってしまいますので、スラッグの設定を忘れずに。



▽関連記事機能の実装


各記事に付与されたタグに基づき、関連記事を表示してくれる機能。
これも内部リンクの増加と回遊率を高める効果が期待できます。

こちらを参考にさせていただきました。
WordPressで関連記事機能の実装(WordPress Related Posts) 森の夢




いかがでしょう?
このテの作業をしているときは、自分のWordPressがガシガシ高機能に
なってゆき、自分のサイトがだんだんと充実してゆくのがとても楽しかった
ですね。

なんだか、商売を忘れてサイト作成そのものに熱中してしまい、いろんな
プラグインを漁っていたのがこの頃だったなぁ...(といっても1週間くらい前の
ハナシですが)


それではまた。


テーマ : もしもドロップシッピング
ジャンル : ビジネス

tag : WordPress ドロップシッピング SEO対策 タグ プラグイン

SEOでやったこと その2(サイトマップ作成)

SEO対策としても、お客様のユーザビリティの観点からも、サイトマップ
必要でしょう、ということでサイトマップ作成についてです。


サイトマップは、

1)人間(お客様用)
2)検索ロボット用

の2種類を用意する必要があります。


で、WordPressでは、それぞれを簡単に作成してくれる有名なプラグイン
あります。


【ロボット用(xmlサイトマップ)作成】
Google XML Sitemap Generator
生成されたxmlファイルはこんな感じ

【人間用】
Dagon Design Sitemap Generator人が見る用のサイトマップ


WordPressでのプラグインのインストール方法とか、それぞれのプラグイン
使用方法はココでは書きませんが、以下のようなサイトを参考にさせて
いただきました。ありがとうございました。

Google Sitemap作成プラグイン[WP] - ミblog レビューや日常など



さて、サイトマップは作成して終わりではありません。
それぞれ、事後作業が必要になります。


【人が見る用のサイトマップの場合】

まず、実際にサイトマップを表示するページを作成します。
僕の場合は、WordPressの「ページ」機能から、新しいページを作成し、
このサイトのパーマリンク(URL)をsitemapとしてあげて、TOPからリンクを
貼ってあげました。

そして、作成したページに、以下のコードを貼り付けます。





これだけでOKです。
プラグインの設定で、xmlサイトマップへのリンクを設けるかどうかを選べます
ので、リンクを設定してあげます。

これをしないと、クローラちゃんの経路が確保できません。



【クローラ用のサイトマップの場合】

作成したサイトマップを、登録した

Googleウェブマスターツール、
Yahooサイトエクスプローラー
MSN Webmaster Center

から送信してあげます。


・・・と、書いておきながら、Yahoo!にサイトマップの送信を忘れていたのを
発見しました(汗)。


うーん、こうやってブログに文章として残そうとすると、自分の行動や
タスクがしっかり整理されるんですね...


よかったよかった(笑)。



作業はこれでOKです。
あとは、サイトを更新するたびにプラグインが勝手にサイトマップの再構築を
してくれ、送信までしてくれるので、基本的に設定を弄るとき以外は放置
していても大丈夫なハズです。


テーマ : もしもドロップシッピング
ジャンル : ビジネス

tag : WordPress プラグイン サイトマップ ページ パーマリンク

SEOでやったこと その1 (ソーシャル化など)

さて、ここからはあまり時系列も考えずに、僕が今までやってきたことを
備忘録程度に書き殴っていこうかと思います。


サイトを作成したらまずやることはSEOですね。
いかに優良なコンテンツでも(わが「まとめ買い通販.com」の場合は、
まだこれさえも覚束ないですが...)、検索されないことには意味がありません。


ということで、主に参考にさせていただいたのは、

海外のSEO対策・SEOツールをわかりやすく解説するブログ
森の夢 -Wordpressをインストールしたらやるべきことのまとめ(設定・SEO)-

といったサイト類と、あとは書籍。

検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書
(2008/06/17)
渡辺 隆広

商品詳細を見る
SEOを単なるテクニックととらえず、「最終的に目的を達成するためには」
という視点から、サイトの企画・設計・プロモーションに至るまでを全体観を
もって解説しているあたりが秀逸。


御社のホームページをヤフー!・グーグルで上位表示させる技術御社のホームページをヤフー!・グーグルで上位表示させる技術
(2007/06/29)
鈴木 将司

商品詳細を見る
検索にヒットさせるキーワード選び、その前段となる顧客ターゲットの
絞込みにまで踏み込んでいます。
いわゆる、3Cの考え方から整理されていて、WEBマーケティングの
一分野からの視点でも十分に役立つ内容です。




僕のレビューに関しては見てのとおりですが、この2冊とも、かなり
読み込んでやるべきことを洗い出しました。

とにかく、僕はそのあたりの知識は疎いので、まずは愚直にできることを
全部やって、そのなかから自分なりに取捨選択をするしかないかなと。


で、WordPressの設定とかとあまり関係のないところでとりあえず
まとめると、

■検索エンジンに登録

1)Googleウェブマスターツールに登録。

2)Yahooサイトエクスプローラーに登録。

3)MSN Webmaster Centerに登録。(日本語解説記事:「MSN Webmaster Center登録」)


■SBMやランキングサイトに登録

4)Yahoo! ログールに登録、フッターに貼り付け。

5)あわせて読みたいを貼り付け。

6)日本ブログ村に登録 → 投票ボタンの貼り付け → ping送信設定。
 ※審査があり、基本的に商用サイトは登録不可です。

7)Technoratiに登録 → ping送信設定。

8)ブログピープルに登録 → ping送信設定。

9)FC2ブックマークに登録

10)FriendFeedに登録

11)trackfeedに登録

12)Buzzurlに登録

13)人気blogランキングに登録

14)blog王に登録

15)BBS7に登録


■ショッピングサイト用検索サイトに登録

16)買いパラに登録

17)ジョイショップに登録

18)E商店街に登録

19)イーショップスに登録

20)UFOグルメに登録

21)ショップインに登録


■その他

22)pingooに登録

※主要なpingサーバーに、一括してpingを飛ばしてくれるサイトです。
 商用ブログは有料になります。

 WordPress自体にping送信機能はあるのですが、なにぶんメンテナンスが
 面倒ですし、登録しても良いかもですね。


23)リンクスタッフに登録

「EC studio」の運営するSEO支援サイトです。

 無料版は、所定のツールをサイト上に貼り付ける必要がありますが、
 これにより検索エンジン一括登録などのサービスを受けることができます。

 有料版は、\1,980から。
 僕は有料版を使っています。






■ビジネスエクスプレス/Jエントリー/クロスリコメンドに登録

これはかなり敷居が高いです。1回の審査にウン万円かかりますし、
審査で落ちてもお金は返ってこない...

通過すればYahoo!カテゴリ等に登録されますので、効果は絶大
だと思います。

先ほどご紹介した「EC studio」さんで登録代行しています。






とりあえずこのへんでしょうか。
正直、膨大な手間がかかりますし、実際には殆ど役に立たない作業も
あるかもしれません。

とはいえ、SEOの先輩が言うには、「SEOは細かい作業の積み重ねであり、
何がどのくらいの効果があるか、などとはなかなかいえない」ということの
ようですので、僕は愚直に努力してゆこうかと思っています。



他にも、「こんなアイディアがあるよ!」とかあればぜひコメントをいただければ
と思います。


テーマ : もしもドロップシッピング
ジャンル : ビジネス

tag : WordPress ドロップシッピング もしも SEO

プロフィール

かず

Author:かず

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
SEOリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
スポンサーサイト
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

ブックマーク/ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
BBS7.COM
MENURNDNEXT

このブログが気に入ったら投票!
人気ブログランキングに投票
あわせて読みたいブログパーツ

powered by Buzzurl

SEO対策:WordPress
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。