テクノラティプロフィール
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google WEBマスターツールでの警告

こんばんは、かず@まとめ買い通販.com です。

昨日、GoogleWEBマスターツールをのぞいていたら、こんな警告文が出ていて
びっくり。

=================================

サイトマップのエラーと警告

- クロールが完了できなかった URL
サイトマップの URL のサンプルをテストいたしましたところ、含まれている
リダイレクトが多すぎるため、一部の URL が Google にアクセスできないことが
わかりました。 リダイレクトを行うサイトマップの URL を変更し、リンク先 URL
(リダイレクト ターゲット) に置き換えてください。 有効な URL は、通常どおり
すべて登録されます。

HTTP エラー:
URL:
見つかりませんでした。 301 (完全に移動しました) [?]


=================================


「警告」という文言にビビりまくり、対象となっているURLにアクセスして確認してみました。


たとえば、

http://matomegai-tsuhan.com/archives/category/food

というURLにアクセスすると、確かに、自動的に以下のようなURLに
リダイレクトされます。

http://matomegai-tsuhan.com/archives/category/food/page/1/


これは、カテゴリごとの投稿数に応じて自動的にページ分割する設定になって
いるため、ある意味致し方ないものなのですが...


で、いろいろググってみると、場合によっては「インデックスの削除、大幅減も
ありうる」とのこと。


これはヤバい!と思い、とりあえず考え付く以下のような策を講じてみました。



1)Simple Tags の設定から、タグ群の設定を見直し、できる限り「スラッグ」を
 設定してあげ、静的リンクを生成するようにする。
2)XML Sitemap Generator の設定から、「Sitemapに含める内容の設定」>
 「マルチページ投稿()をすべて含める」にチェックを入れる
3)同様に、「静的なページ」「タグページ」にもチェックを入れる


この処置をとってからサイトマップを再構築し、再度WEBマスターツールから
サイトマップを送信したところ、とりあえず上記のようなエラーはいったんは
消えました。


が、この症状はけっこう頻繁に起きるものらしく、対処に苦慮されている方も
多い模様です。
WordPressをお使いの方での同様の事例について調べつつ、もう少し様子を
見てみようかと思っています。


もしこのブログをご覧の方で何か知っている方はぜひアドバイスをいただければと...



ではまた。
スポンサーサイト

テーマ : もしもドロップシッピング
ジャンル : ビジネス

tag : WordPress SEO Google WEBマスターツール エラー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かず

Author:かず

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
SEOリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
スポンサーサイト
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

ブックマーク/ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
BBS7.COM
MENURNDNEXT

このブログが気に入ったら投票!
人気ブログランキングに投票
あわせて読みたいブログパーツ

powered by Buzzurl

SEO対策:WordPress
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。